• « 2010·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  TOP

2010’06.02・Wed

作画方法について

こんばんはすでにもの凄く眠い、です..!

前の記事でペンタブに対していくつかコメントがあったので
ちょっと改めて作画方法について書いておこうかなと思ったので書きにきました!


実は連載分からデジタル処理をしています。
読み切りまでは完全にアナログだったのですが作画時間短縮のためにデジタルを導入しました。
私は大学にノートパソコンを持って行っているので、
学校の空いた時間にも原稿ができると言う..これが最大の目的だったりもします^^
でもデジタルと言っても、ペン入れまではアナログです。手描きです。
トーンやベタなどの処理だけデジタルでやらせてもらってます。


カラーに関しては完全にアナログで、デジタル処理は一切行っていません。
デジタルで絵を描くことも結構あるのですが、
でもやっぱり手描きの水彩でしか出せない表現を私は大事にしたいなーと思っています。
例えば色の混ざり具合や滲み具合などは、全く同じものは二度と作れないものなので
毎回試行錯誤で楽しみながら描かせてもらっています。

あとあれなんですよね、アナログの場合透明水彩で着色しているんですが
その絵をスキャナなどで取り込もうとしても
色はやっぱり全部を完璧に再現することはできないんですよね..
スキャナの精度にもよるんですが、特に我が家のでは実物とはだいぶ変わってきちゃうので
アナログの水彩の後にデジタル処理はちょっと今の環境じゃ無理かなあと思っています。
なので本当にカラーはいつもどきどきしながら描かせてもらってます..失敗こわいよ..!^^


まあ、そんな感じです!笑

基本私、懐古主義というか、
洋より和、茶髪より黒髪、都心より田舎、みたいな感じなんで
やっぱり手描きの味は譲れないと思うんです、よ!
なのでデジタルよりもアナログを極めたいなーというのが本心だったりします。
などと言いつつデジタル絵も好きなんですが!
大学でがっつりコンピュータについて勉強してますし!


というわけで、ちょっとネームに戻ります..!時間が..!
コメントは今度またちゃんと一つ一つお返事しますね!

あっそうそう、正直な話カラーをデジタルで描いてると思われるとは思ってませんでし、た..!
う、うーんあまり手描きっぽさ出せてないんでしょうか..いやいや完全に手描きなのでそんなはずは..っ
とりあえず、ペンタブは漫画のために買い直すのではなく完全に落描き用として買うつもり満々でした!
漫画に対してのデジタル処理はあまり難しいことをしていないので
マウスでも結構いけちゃうんですよー!
まあやっぱりペンタブの方が断然便利なんですが^^


よし、水分補給したらネームに戻ろう頑張ろう..!
スポンサーサイト

Categorie雑記  TOP

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。